小顔になりたいならボトックス!安心して受けることが出来る

効果を実感できる人とは

看護師

咬筋に有効な治療

小顔効果があることで知られているボトックス治療ですが、この治療を受ければ誰でも小顔効果が実感できるわけではありません。この治療には向いている人と向いていない人がいるため、治療を考えている人は自分が向いているのかをよく確認する必要があるでしょう。 顔が大きく見えることにはいくつかの原因があります。表情筋の筋力不足によってたるみが生じて顔が大きく見えているケースもあります。その他にもむくみや脂肪がつきすぎていることで顔が大きく見えることもあるでしょう。むくみが原因であれば血流を改善させることで解消することができますし、表情筋の筋力不足であれば表情筋の体操をすることでたるみを解消することができます。これらの原因によって顔が大きく見えているケースではボトックス治療の効果はあまり期待できません。ボトックス治療が効果的なのは咬筋が発達してエラが張ったように見える人です。咬筋が発達している人は美容クリニックにボトックス治療の相談をしてみると良いでしょう。小顔効果を得るためにボトックス治療が向いている人は噛むために必要な咬筋が発達している人です。咬筋が発達している人は、ここの筋肉が太くなって顔が大きく見える原因となっています。この咬筋を小さくするにはこの筋肉を使わないのが一番良いのですが、食事をするためには咬筋を使う必要があり、生きていくためにはこの筋肉を使わないわけにはいきません。この筋肉を小さくするために有効なのがボトックス治療です。ボトックスには筋肉の働きを弱める効果があります。咬筋が発達している人はただ食事で使うだけでなく、寝ている時に歯ぎしりなどをしてしまいこの筋肉が発達している人も多いようです。ボトックス治療をすることでここの筋肉の働きを弱めることができるので、知らず知らずのうちにしている歯ぎしりも解消することができて筋肉を小さくすることができます。知らず知らずのうちにしている癖は簡単に治るものではありません。しかしボトックス治療は薬剤によって筋肉の働きを強制的に弱めるので、咬筋を小さくするにはとても有効な手段です。咬筋の発達によって顔が大きく見えている人には、小顔効果を得るためにとても有効な治療方法となるでしょう。