小顔になりたいならボトックス!安心して受けることが出来る

理想の顔立ちを施術で実現

女性

症例数や医師の技術で選ぶ

シワ解消や小顔などの美容施術で使用されるボトックスはボツリヌス菌が生成するたんぱく質を主成分としており、日本では厚生労働省の認可が下りた薬剤です。そのためボトックスによる小顔施術も効果が高く安全な美容医療として定着していますが、副作用もあるため施術にあたっては患者もその知識を持っておくことが大切です。副作用の1つとして起こり得るケースが、薬剤の注入量の不足やあるいは過剰によって引き起こされるスポックブローと呼ばれる症状が挙げられます。例えば前頭筋外側繊維に注入した際にスポックブローが起きると前頭筋の効きが弱まり、眉尻が不自然に挙上するため表情がこわばって見えます。また鼻根部への注入量を間違った際には眉毛間の距離が広がって「スポックブロー様顔貌」と呼ばれる症状が現れることもあります。ボトックスのもう1つの副作用として知っておきたいのが術後の腫れや赤み、倦怠感です。体内に異物を挿入したことによる体の正常な反応であってその多くは一時的なものですが、症状が続く場合は医師への相談が必要です。多くのクリニックが取り扱っているボトックス注射は小顔施術においても広く用いられています。安全性の高い薬剤を用いているメスを必要としない施術ですが、それでも施術の失敗例はあるためそのリスクを極力避けることが求められます。ボトックス注射による失敗例の多くは医師の知識不足や技術的に未熟なことが原因です。よくある失敗例が適切な量を使用しなかったために筋肉が過剰に緊張したり弛緩したりすることで表情が不自然になってしまうことです。保管方法も決められており、適切な温度で保管されていないと薬剤の効果が薄れることもあります。このように医師の腕や知識に多く依存する施術のため、失敗を避けるためにもクリニックと医師選びが大変重要です。そのクリニックの症例数について調べることはもちろん、ボトックス注入指導医の認定を得ているかどうかも医師選びの指標になります。また小顔施術は美容医療だけに仕上がりに関しては医師の審美的なセンスも問われます。症例写真をウェブサイトなどで確認したり、カウンセリングと説明に十分な時間を取ったりしてくれ、相互理解を深めて施術に臨めるクリニックを選ぶことも大切です。