小顔になりたいならボトックス!安心して受けることが出来る

看護師

効果を実感できる人とは

ボトックス治療には小顔効果があることで知られていますが、誰でも効果が期待できるものではありません。咬筋が発達している人ほど効果的な治療方法なので、咬筋によってエラが張っているように見える人はこの治療を試してみると良いでしょう。

詳しく見る

注射

ベテラン医師が良い理由

実際に施術を行う医師がカウンセリングしてくれる美容外科を選ぶほか、ボトックスの小顔注射は、数多くの治療をこなしてきたベテランドクターに頼むのがコツです。初めての治療で痛みが気になる時は、医師の経歴や注射針に着目し、笑気麻酔も検討しましょう。

詳しく見る

カウンセリング

美容のために必要な心構え

小顔になりたいという願いは女性ならば誰しもが持っているかもしれません。小顔に対しての知識を事前に深めてボトックス注射がご自身にとって本当に必要なのかを考える必要があります。多少の知識を身につけてからクリニックにいくと良いかもしれません。

詳しく見る

男性医師

痛みが少ない整形施術

注射を顔に打つことになるボトックスではありますが、麻酔をするために痛みを感じることもなく簡単に小顔になる事が出来ます。ですが、カウンセリングが十分でないと理想と違う仕上がりになる事もありますので、カウンセリングはしっかりとしてください。

詳しく見る

女性

理想の顔立ちを施術で実現

ボトックス注射による小顔施術の副作用としては、注入量や位置を間違えて起こるスポックブローと呼ばれる症状や、肌の腫れ、赤みなどがあります。施術の失敗を防ぐ方法としては、医師の技術と知識が大きく影響するためクリニックと医師の選別が重要です。

詳しく見る

キーワードは麻痺です

注射

筋肉を麻痺させます

手軽に簡単に費用も掛からず短時間で小顔になれるといわれるボトックスですが、顔にボトックス注射を打つだけでどうしてたったそれだけの事で小顔になることが出来るのかと、不思議に感じている方はとてもたくさんいます。仕組みとしては、ボトックスはボツリヌス菌というものを注射ですることで、顔が大きく見える原因であるエラの筋肉を麻痺させることで顔を小さくするというものです。もともとは、ボツリヌス菌はボツリヌストキシンというものとして顔面麻痺などの治療に使われています。現在も効果のある治療法として医療の現場では広く利用されていますので菌とついていますが、ボツリヌス菌は危険なものではありません。顔面麻痺の治療に使用するものを麻痺させる必要のない箇所に注射することで筋肉を麻痺させて小顔にするという事なので、生活に支障が出るのではと心配する方もいるかもしれません。ですが、食事を食べる事にも話をすることもボトックスを打つ前と後では何も変わることなく日常生活を過ごすことが出来ます。小顔になるためにボトックスを受けた後はすぐにお化粧もできるほど安心して受けることが出来るものではありますが、いくつか気を付けなければいけないことがあります。注入後は三日から四日間はボトックスを注入した部分に圧力がかからないようにしなければいけません。圧力がかかることによって注入したものが拡散してしまうのを防ぐためです。肌へのマッサージはしない方いいですし、メイクを落とす際は肌に力を入れないようにしてください。また、寝るときも注意が必要です。マッサージやメイク落としの時には自分で注意して肌に圧力をかけないようにできますが、寝ているときは無意識のうちに圧力をかけてしまうという事がありますので枕などを使うときなど注意してください。注射当日は、飲酒も控えましょう。アルコールは血流をよくするために内出血などの原因となります。一般的にボトックス後は翌日から飲酒もできるとされていますが、小顔の効果を少しでも持続させたい方は一週間ほど飲酒を控えた方がよいとされています。